めくるめくひめくり




奈良+京都旅 その3
三日目。京都。

何と云うか。もっといっぱい写真撮っておりますが、微妙に不思議写真が多くて、あんまり差し障り無さそうなものを主に載せました。
あちらはお盆期間に入っていたので、ちょっと精霊さんが集結していたのでしょうかね。。
で。
気を取り直して。


*西本願寺の唐門。普段は見られませんが、国宝ご案内コースで宿泊を申し込むと、見学出来ます。
安土桃山…!なんですよねー。親鸞上人とは、基本関係ないですよ。本気で。
(何か写ってますが、気にしないで下さい。


*熊野若王子神社。哲学の道を歩くとあります。
境内の梛のはっぱをお守りにしたものがあって、じぶんはよく購入します。


境内を出て、ちょっと奥の方へ歩くと、なんと行場の瀧へ向かう路がありました。
ので、いってみる。




*着いた途端、むわーんと湿気と熱気?で、めがねがくもった。。
すずしいと云うか、何か熱い場所でした。ふしぎ。


*上賀茂神社の、神饌をどうにかする建物。
何処となく、白い感じのひかりに包まれていますね…
夕方で、閉門的時間だったので、だれも居なくて、ひとりでゆっくり堪能出来ましたよ。


*二葉姫稲荷*へ登る。
上の写真の近所にある。何でか、最初、人がいるのかもしれないなあ。
とおもって暗いところ登ってみたら、だれも居ませんでした。。
境内には八嶋龍神なる石が祀られていたり、すごーく不思議なところです。
風がごうごう吹いていて、何となく只成らぬ空気が。
二葉講のひとたちが、お稲荷様はお祀りしている模様ですが、この講もどのような存在なのかは…。
わかいお嬢さんは、ひとりでは行かない方がいいかも。な場所です。多分、お昼でも暗いよ。


*夜の松尾大社。
京都で最古の神社。松尾山がご神体で、上賀茂さんのおとうさんが祀られています。
賀茂一族と、秦一族の繋がりをちょこっと思わせる伝承があります。
それで。
あのー。この写真、ちょっとふしぎな写真なのですが。
鳥居のちょこっと上のところに、みずいろの光がありますけれど。。
これの光源が何なのか、じつは心当たりが無いんですよねー。
後ろの、松尾山在住の妖精さんってことでいいですかね。


そんな奈良+京都の旅でした。
だいぶ行場の雰囲気もだいじょうぶになってきたので、今度はもうすこし足腰を鍛えて、熊野などにも行ってみたいなあ。
と思っています。

*
二葉姫稲荷について。。
明治初年頃までは、どうやら神宮寺というお寺のあった場所の模様。
八嶋龍神と云うのは、この寺の側にあった「晴池」の主で、寺がなくなったときに、池も埋め立ててしまい、祀る場所を失ったらしい。
後年、地域のひとたちの夢枕にこの龍神が立ったため、二葉姫稲荷境内に祀ることになったそうで。
この「晴池」の石を鍬で叩くと雨が止み、大田神社の雨石と対になって居たのでは。
と云われている。

勝手に分割したり、つぶしたりしないでほしいよねって、おもうところですな。
わからなくなるじゃないですかー。。
廃仏毀釈は兎も角、日本史上最悪な出来事でしたね。
: 西日本 : 18:04 : comments(0) : trackbacks(0)
奈良+京都旅 その2
奈良二日目〜三日目。
吉野へ行ってみました。
此の日は、桜本坊で宿泊+修験系寺院の修行体験。
滝行なんかも、ちらっとやってみたりした。すごいちらっとだけどね。



*金峯山寺の仁王門。
ちょっと、おめでたい写真になっていることにお気づきでしょうか。。


*桜本坊。の、聖天さま。
歓喜天ですね。。何となく、日本じゃない空気がするのは、そう云うお祀りの仕方をしているからだそうで。
何となく、台湾とかでみた廟のようなド派手な空気が個人的にすきです。


次の日の朝、京都に向かう前に、金峯神社まで足をのばしました。車でご一緒させていただいたので。。
きっと秋はきれいにちがいないって、おもいましたよ。

この後、京都に向かったのでした…
: 西日本 : 17:18 : comments(0) : trackbacks(0)
奈良+京都旅 その1
奈良と京都に行って来ました。
と云うことで、奈良一日目。
当麻寺→三輪明神→平城宮跡周辺→近鉄奈良駅周辺
と云うコースです。


*当麻寺。中将姫の当麻曼荼羅で有名な。
折口信夫の「死者の書」の主な舞台です。
当麻寺駅をすこし歩いた田んぼの辺りから、二上山方面をのぞむ事も出来ます。


*大神神社。でかい鳥居をくぐって歩くと、このいちばんはじめの鳥居のところへ出ます。
周辺は、三輪そうめんの製麺所でいっぱい。。


*大神神社境内。これ、なんでですかね。。たまごとおさけのお供え物です。
巳と卯に関連する神様だからでしょうか…。途中、青大将が居たりして。
この山の神さまは、蛇を御使いにするのでしょうか。
で、たまごを杉の御神木に投げつけないようにと云う、衝撃的な注意書きがありました。。
そんなやつ、居るんかい。
って、周辺のひとはみんなつっこみ入れていました。


*桜井のあたり一帯。三輪山を背にみたところ。奈良盆地!と云う感じでいっぱいです。
何となく、UFOとか来ても違和感無い、何かがある気がする。。


*狭井神社。此処の境内では、御神水が出ていて、汲んだり飲んだり出来ます。
そして、三輪山登拝口も此処にあります。


*うわなべ/こなべ古墳。
なつかしいなあーー。とおもって、歩きました。磐ノ媛の墳墓であるとも。
夕暮れ近くで、よくよく古墳のある樹の生い茂ったところをみながら歩いていると、ふと、黄泉津比良坂があるような、不思議な気持ちになりました。
黄泉路をたしかに、みたような。。


夜の奈良公園。此の日、燈火会をやっていて、あちらこちら、燈火の灯りでにぎやかでした。
写真の場所は、たしか役場か何かで、和楽器の演奏とか、遷都くんの恐怖の人形とか置いてあって、みんな写真撮ったりしてました。
それにしても、何であんな肌色なんだろう。。こわいよ。ほんとに。


そして二日目につづく。。
: 西日本 : 16:47 : comments(0) : trackbacks(0)

▲top