めくるめくひめくり




<< 水の大神。 : main : これからのこととか。 >>
最近の文字列。
最近の検索文字列ですけれど。

井戸の祟りについて
石が石を呼ぶ
膵 がん 民間療法 虫下し
八嶋龍神
二葉姫稲荷神社
深大寺 桜
二葉姫 龍神
深大寺

みたいな感じでした。。
井戸の祟りですかー…
使い方が悪いと、祟る神もあらわれるかもしれませんね。
大体、わざわざ土地に穴あけて、さらに水まで引きずり出しているわけですから。。
すこしは敬えってもんです。地球にいい迷惑ですよ。
で。
大概、井戸は埋めた後の扱いで、性格が変貌するのではないかと思われます。
沖縄の方では、産湯につかう専用の井戸などもあって、井戸には女神が宿っていたりする設定も用意されて居ります。ですので、井戸の属性は、女性であるように思われる節もございます。
すてきですね。

石が石を呼ぶ。
これは真実です。ほんとうに。。如何にこれまで散財させられたか…。

虫下し
ネオムシチョコとかね。虫は、5月くらいに追い出す作戦がはじまるのではないですか?
7月くらいが、最盛期ですよね。むかしは、いろんな虫が居りましたから。この日本列島にも。

八嶋龍神、二葉姫稲荷。
このあたりについては、取り敢えず、二葉会のひとを探しておはなしをきいたほうがよいと思います。
ただ、多少他の例を参考に致しますと、これは旧く、稲荷行者たちが、名目に伏見稲荷の所属に見せかけて行場をつくって行ったりしておりましたので。そうしないと組織がつくれない時期があったのです。
関西は割とそう云うのが多いみたいですね。
で、行場の条件としては、行をするための水場、龍、お山或いはお塚。これらが必要でした。
奈良県某所で心霊スポットと成り果ててしまったあれも、元は稲荷行者のようなひとたちの行場だったわけですね。。
龍神が…と口走る怪しいスピ系のひとが居たら、そんなひとは多分、稲荷行者の影響を受けたひとなのかもしれません。扱いとしては、明治期以降、新興宗教のような感じですね…。かなしいことに。

深大寺。
桜は、よかったら青渭神社のとなりにある、公園でどうぞ。すごくきれいに咲いて居ますよ。
犬の散歩ができるスペースも確保してありますので、愛犬と花見がしたい方にもおすすめです。
: 小ネタ : 10:52 : comments(0) : trackbacks(0)










▲top