めくるめくひめくり




<< 霧の芦ノ湖 : main : 面掛行列。 >>
六所神社
大磯町の、六所神社(相模国総社)にも立ち寄りましたよ。
此処は北条政子の安産祈願した場所。と、云われて居ります。
境内の石垣は、小田原北条氏によって築かれたと伝わります。



本殿です。



神像もあるようです。平安時代くらいにつくられたとか…。



御神輿もありました。



そして、神社から出て左側のお宅に、こんなすてきな道祖神?が。



この辺りは柳田郷と呼ばれていて、出雲からの移住組がこのお社の前身をつくったそうです。
民俗学者の中山太郎氏は、六所=「録所」は墓地の意味であるという説を出している様です。
どうなんだそれ。とおもいますが…。
まあ明治以降とちがって、むかしは何でもありでしょうけどね。
それで、東京の府中にある、大國魂神社も、以前は六所宮と呼ばれて居りました。
此処も、武蔵國の総社です。
その国の一宮から六宮までの祭神を勧請して総社としたところから、六所。とか…。
: 民俗学メモ : 21:10 : comments(0) : trackbacks(0)










▲top