めくるめくひめくり




<< 上半期ダイジェスト。 : main : おしらせ。 >>
大崎八幡宮の能神楽。
9月10日の夜に、仙台市の大崎八幡宮で能神楽の奉納がありました。
ので、ちょっと見に行ってみました。
どうしても仙台で宿がとれなくて、山形まで行かなくてはならなかった為、三番までしか見ることが出来ませんでしたけれど。。
何処となく、小迫の延年や、番楽を思い出しました。
西の御神楽とはまた違った感じで、凛々しかったです。
地元の高校生が舞って居ました。
所作が多少能の様な部分があったり、何となく呪術的な仕草があったり。
興味深かったです。
篝火を焚いて、幻想的。
此の八幡宮の境内だけ、雨が降っていなかったのがちょっと不思議でした。
来年は最後まで見たいと思います。。

18番を数えたと伝えられていますが、うち10番が廃絶し、現在では「神拝」「龍天」「摩応」「小弓遊び」「三天」「将足」「四天」「獅子とり舞い」の8番が演じられています。
法印神楽並びに大乗神楽の神楽演目と一致するとか。しかし、かなり洗練されています。
且つては仙台藩から扶持が出ていたそうです。
何とはなしに、武家好み風ですからね…。


*神拝。
イザナギとイザナミ。だと思います。

 



龍天
翁風の面と、少年の面。
薙刀舞。




摩応
山の神舞に相当すると思われます。おそらく、オオヤマツミかと。





: 民俗学メモ : 18:26 : comments(0) : trackbacks(0)










▲top